週間上昇率topトークンの情報まとめ


116121、毎日上昇Top3の情報まとめである。

 

日間上昇率Top1:HOOK+45.45/7日間上昇率:+39%)

7日間上昇率Top1:APT+69%)

 

上昇し続けるトークン:

FXS2回「日間上昇Top3」に入れ、一番高い日間上昇率は+21.82%であり、7日間上昇率は+22.3%である。

 

主流通貨の7日間変動

 

 

免責事項
暗号通貨は価格変動が激しく、トレードの際は自身の投資経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等について十分検討する必要があります。
本記事はあくまでも情報提供を目的としており、投資を推奨するものではありません。
また、本記事を参考して投資した結果被った損失について、弊社は一切の責任を負いかねます。


WikiBitとは?
弊社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームです。
登録されている暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万件を超えています。

 

真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信しています。

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリで、取引所の安全性や評判を確認することを強く推奨しています。

 

https://cutt.ly/WikiBitApp
コンテンツは全て無料で閲覧できます。
ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

世界経済の2つの重要な変化

米国投資銀行モルガンスタンレーの会長兼最高経営責任者ジェームズゴーマン(James Gorman)氏1月19日スイスのダボスで行われたCNBCのインタービューで、「最近、経済にとって重要な変化が2つ起きた。1つは米国のインフレで、もう1つは中国が経済に軸足を置いたことだ」と語った

 

ゴーマン氏は、「インフレ率は良くなっているインフレは明らかにピークに達している。もはや質問ではなく事実だ。FRBが2%のインフレ目標を達成できるかどうかは疑問である」と強調した。「FRB金利を引き上げは当初75bp ベーシスポイントで実施され、その後利上げ幅を50bpに縮小された。次回のFOMC連邦公開市場委員会連邦公開市場委員会)では25 bpと予想されているが、一旦利上げを停止する可能性もある」と付け加えた。

 

2つ目の中国に関する変化については、「米財務省は先週、ジャネット・イエレン米財務長官が中国の劉鶴副首相と会談し、気候変動や国際的なマクロ経済の安定など世界的な課題を対処するため、米中が建設的な努力を深めることで合意した」、「また昨年 11 月にはジョー・バイデン大統領と習近平国家主席もバリで会談し、これらの問題に対応する主要高官に権限を与えることに合意した」と述べた。

 

最後にゴーマン氏は「これを達成するには2つの方法がある。1つは再分配して全ての者がパイの一部を手に入れる。もう1つはパイを大きくして、全員がパイの一部を手に入れる。中国は前者から後者へとシフトしたように感じる。これは世界の発展にとっては素晴らしいニュースである」と締め括った。

 

免責事項
暗号通貨は価格変動が激しく、トレードの際は自身の投資経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等について十分検討する必要があります。
本記事はあくまでも情報提供を目的としており、投資を推奨するものではありません。
また、本記事を参考して投資した結果被った損失について、弊社は一切の責任を負いかねます。


WikiBitとは?
弊社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームです。
登録されている暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万件を超えています。

 

真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信しています。

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリで、取引所の安全性や評判を確認することを強く推奨しています。

 

https://cutt.ly/WikiBitApp
コンテンツは全て無料で閲覧できます。
ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

FTXが復活!?


ウォール・ストリート・ジャーナルは、「FTXのCEOジョン・J・レイ3世(John J. Ray III)氏がFTX.comの再開を検討するチームを立ち上げた」と報道した。

 

インタビューでレイ氏はFTX再開の可能性について、「まだ検討中である。再開できる可能性があれば、FTX.comの再開に取り組みたい」と語った。

 

このニュースを受け、バイナンス(Binance)のFTXトークン(FTT)は一時33%上昇した。

 

FTXの元CEOサム・バンクマン-フライド(Sam Bankman-Fried、通称SBF)氏はジョン・J・レイ3世のFTX再開の計画に対して、「レイ氏が何ヶ月もかけてようやく取引所を再開しようとしているのは喜ばしいことである!FTX USに支払い能力があると認め、顧客に返金することを待ち望んでいる」とツイートした。

 

今週、FTXの約50億ドルの資産が発表された。これはレイ氏の財務整理の賜物である。

 

レイ氏は「検討チームはFTXの再開と、売却や資産の清算とどちらの方が多くの価値を得られるかを検討する。多くの利害関係者と協力しながら、実行可能な方法で進める」と述べた。

 

なお、取引所が再開したとしても、債権者の債権回収の見通しは立っていない。米国およびグローバルを含めたFTXが保有する暗号資産では債務の返済には全く足りていない状態である。

 

2ヶ月に渡り、レイ氏のチームはFTXの体制を徹底的に改革し、数十人の従業員を解雇した。また、30テラバイト(TB)以上あるFTXのデータの中から、最近1週間で返済に充てられるウォレットを新たに発見した。

 

先週、破産裁判所はFTXの50億ドルの流動資産を回収し、さらに46億ドルの非戦略的投資資産を売却する計画であることを発表した。FTXとアラメダ・リサーチ(Alameda Research)が購入した暗号通貨関連のスタートアップ企業やその他企業の株式がどえほどの簿価になるかは現在わかっていないが、債権者にとっては良い報せである。

 

レイ氏は投資銀行家を雇い、FTXの子会社やベンチャーキャピタルの一部を売却した。フィナンシャル・タイムズの報道によると、FTX、アラメダ・リサーチ、SBF氏が所有する事業体は150以上の新興企業およびセコイア・キャピタルSequoia Capital)などのベンチャーキャピタルに50億ドル以上を投資していることがわかった。

 

レイ氏は「これらの投資には取引契約書が無いまたは署名が無いものがあるので、投資先に1社1社問い合わせて、投資内容や投資額を調べなければならない」と述べた。

 

免責事項
暗号通貨は価格変動が激しく、トレードの際は自身の投資経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等について十分検討する必要があります。
本記事はあくまでも情報提供を目的としており、投資を推奨するものではありません。
また、本記事を参考して投資した結果被った損失について、弊社は一切の責任を負いかねます。


WikiBitとは?
弊社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームです。
登録されている暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万件を超えています。

 

真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信しています。

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリで、取引所の安全性や評判を確認することを強く推奨しています。

 

https://cutt.ly/WikiBitApp
コンテンツは全て無料で閲覧できます。
ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

WikiBit速報まとめ

ビットコインが暗号通貨の冬をうまく乗り切った

Goldmoneyの創設者であり著名な金融アナリストであるジェームズ・ターク(James Turk)氏はSNSで、「ビットコインが暗号通貨の冬をうまく乗り切った」と投稿した。

 

ジェームズ・ターク氏は、「ビットコインが弱気サイクルの底に達し、金と同じように成長し始めた可能性があり、そのパフォーマンスはもはや従来のテクノロジー株とは違う」と述べた. さらに、米国のインフレ率はピークに達したようであり、リスク資産にとって良い兆候である。

 

②最近のビットコインの上昇は市場操作が原因?

SECの元インターネット執行部John Reed Stark氏はSNSで157の暗号通貨取引所に関するフォーブスの分析を引用して、「先週のビットコインの回復は市場操作が大きな理由であり、ビットコインの一日の取引量の約5割が偽物だった」と投稿した。

 

しかし、彼の見解は暗号通貨コミュニティでは反論された。Galaxy DigitalのCEOのMike Novogratzは「最近の暗号市場のラリーは、日銀による市場介入と香港の個人投資家の暗号通貨取引の承認が主要な理由であり、これは2023年も注目すべきである」と投稿した。

 

ビットコインの採掘難易度10.26%増、昨年10月以来最大の上昇

BTC.comのデータによると、ビットコインのマイニング難易度は1月16日(ブロック高772128)に、10.26%増の37.59Tに調整され、2022年10月以来最大の上昇となった。ネットワーク全体の平均計算能力は269.02 EH/sである。

 

免責事項
暗号通貨は価格変動が激しく、トレードの際は自身の投資経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等について十分検討する必要があります。
本記事はあくまでも情報提供を目的としており、投資を推奨するものではありません。
また、本記事を参考して投資した結果被った損失について、弊社は一切の責任を負いかねます。


WikiBitとは?
弊社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームです。
登録されている暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万件を超えています。

 

真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信しています。

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリで、取引所の安全性や評判を確認することを強く推奨しています。

 

https://cutt.ly/WikiBitApp
コンテンツは全て無料で閲覧できます。
ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

週間上昇率topトークンの情報まとめ

1月10日ー1月14日、毎日上昇Top3の情報まとめである。

日間上昇率Top1:MAGIC(+37.13%/7日間上昇率:+33.9%)

7日間上昇率Top1:APT(+102.2%)

 

上昇し続けるトークン:

APT:2回「日間上昇Top3」に入れ、一番高い日間上昇率は+34.03%であり、7日間上昇率は+102.2%である。

 

SOL:2回「日間上昇Top3」に入れ、一番高い日間上昇率は+27.58%であり、7日間上昇率は+53.9%である。

 

CTXC:2回「日間上昇Top3」に入れ、一番高い日間上昇率は+29.81%であり、7日間上昇率は+30.2%である。

 

主流通貨の7日間変動

 

免責事項
暗号通貨は価格変動が激しく、トレードの際は自身の投資経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等について十分検討する必要があります。
本記事はあくまでも情報提供を目的としており、投資を推奨するものではありません。
また、本記事を参考して投資した結果被った損失について、弊社は一切の責任を負いかねます。


WikiBitとは?
弊社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームです。
登録されている暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万件を超えています。

 

真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信しています。

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリで、取引所の安全性や評判を確認することを強く推奨しています。

 

https://cutt.ly/WikiBitApp
コンテンツは全て無料で閲覧できます。
ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

 

 

新手の詐欺アドレスポイズニング!メタマスクが注意喚起

メタマスク(Metamask)は、「アドレスポイズニング(Address Poisoning)という新手の詐欺が増加しているから、ウォレットアドレスをコピー&ペーストをしないように」とツイッターで注意を促した。

 

 

メタマスクはアドレスポイズニングに関して以下のツイートをした。

「アドレスポイズニングと呼ばれる新しい詐欺が増えている。その手口はトランザクションを送信した後、詐欺師は $0のTXNトークンを送信し、ウォレットの履歴にTXNを表示させる。

詐欺師は、ユーザーが送信したトランザクションと非常によく似たアドレスを使用する。ユーザーがアドレスの全てを確認せず一部のみを確認する習性を利用して、ユーザーがTXNのアドレスをコピーすることを狙う。

ユーザーはアドレスを1文字1文字全てを確認するか、アドレス帳機能を利用することで、この詐欺を防ぐことができる」。

 

メタマスクはウェブサイトで詐欺の手口と対処方法を詳しく説明している。

https://metamask.zendesk.com/hc/en-us/articles/11967455819035-Address-poisoning-scams

メタマスクのサポートチームは、「サイバー犯罪者や詐欺師はウォレットアドレスのコピー&ペーストなどのユーザーの習性を悪用する。ウォレットのアドレスは長く、多くのユーザーはウォレットアドレスを覚えきれないため、最初の5~10文字と最後の5~10文字を見るだけで、真ん中は確認しない。この習性がアドレスポイズニングに利用され、多くのユーザーが騙される結果となった。そのため、アドレスの1文字1文字をしっかりと確認する習慣を身につけるべきだ」と付け加えた。

 

このような送金は暗号通貨技術の取引の不可逆性によって、一旦詐欺師のアドレスに送金してしまうと、二度と戻って来ない。

 

メタマスクは、取引履歴からアドレスをコピーするのを止める、ハードウォレットを利用するなど、詐欺対策をアドバイスした。

 

免責事項
暗号通貨は価格変動が激しく、トレードの際は自身の投資経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等について十分検討する必要があります。
本記事はあくまでも情報提供を目的としており、投資を推奨するものではありません。
また、本記事を参考して投資した結果被った損失について、弊社は一切の責任を負いかねます。


WikiBitとは?
弊社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームです。
登録されている暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万件を超えています。

 

真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信しています。

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリで、取引所の安全性や評判を確認することを強く推奨しています。

 

https://cutt.ly/WikiBitApp
コンテンツは全て無料で閲覧できます。
ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

WikiBit速報まとめ


大麻企業ジェネレーション・ヘンプビットコインマイニングに参入

米国の大手大麻企業ジェネレーション・ヘンプGeneration Hemp Inc.)は、コスタリカでのビットコインマイニング事業など新しい持続可能なエネルギープロジェクトに進出するため、エバーグリーン・サステナブルエンタープライズ(Evergreen Sustainable Enterprises, Inc.)に社名を変更した。

 

現地のニュースによると、同社は子会社のCryptorica, LLCを通じて、コスタリカ水力発電ダムを所有する企業の株式80%を購入した。水力発電ダムを利用してビットコインのマイニングを行う。

 

②韓国主要暗号通貨取引所5社がトーク上場廃止の共通基準の設定へ

韓国の主要暗号通貨取引所5社アップビット(Upbit)、ビッサム(Bithumb)、コインワン(Coinone)、コルビット(Korbit)、ゴパックス(Gopax)はトーク上場廃止の共通基準を策定するため、協議を進めている。

 

また、韓国のデジタル資産取引所共同協議体(DAXA)は取引所支援審査ガイドラインおよび固有リスク、技術リスク、運用リスク、その他リスクをカバーする共通危機対応システムを策定・適用した。

 

③トランプ氏とZoomミーティングできるチャンス

オープンシー(OpenSea)は、「Win Trump Prizes」という NFT新シリーズの販売を開始した。NFTごとにボーナスがある。

 

・トランプ氏との1対1のZoomミーティング(200ETH:約27.7万ドル)

・ガラディナーチケット(50ETH:約6.9万ドル)

・トランプ氏との会見(21.45ETH:約3万ドル)

 

④昨年12月のNFT売上13%増で8ヶ月ぶりの増加

ザ・ブロック(The Block)のデータによると、2022年12月のNFT取引量は5億4950万ドル、前月比13%増となり、8ヶ月ぶりの増加となった。しかし、1年前と比べると大きく減少しており、2021年12月の取引高は約28億ドルであった。

 

⑤ビットバンク(Bitbank)がフレア(FLR)の取扱いをスタート

ビットバンク(Bitbank)は1月11日よりフレア(FLR)の取扱いを開始した。フレアとは、安全かつ分散されたスマートコントラクト・ネットワークの構築を行い、リップルXRP)、ライトコイン(LTC)、ステラルーメン(XLM)などを対象としてスマートコントラクトの実装を目指すプロジェクトである。フレアはフレアネットワーク(Flare Networks)上の取引手数料の支払い、ステーキング、エコシステムの方針を決定するガバナンストークンである。

 

フレアの取扱いスタートを記念して、2月10日11時59分から期間限定でFLR/JPYの取引手数料が無料となる。

免責事項
暗号通貨は価格変動が激しく、トレードの際は自身の投資経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等について十分検討する必要があります。
本記事はあくまでも情報提供を目的としており、投資を推奨するものではありません。
また、本記事を参考して投資した結果被った損失について、弊社は一切の責任を負いかねます。


WikiBitとは?
弊社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームです。
登録されている暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万件を超えています。

 

真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信しています。

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリで、取引所の安全性や評判を確認することを強く推奨しています。

 

https://cutt.ly/WikiBitApp
コンテンツは全て無料で閲覧できます。
ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。