WikiBit取引所解説:暗号通貨取引所Luno

名称:ルノ(Luno
本社所在地:イギリス

Lunoは2013年に設立された英国ロンドンに本社を置く暗号通貨取引所である。
同取引所は世界7ヶ国(イギリス、シンガポール南アフリカ、マレーシア、インドネシア、オーストラリア、ナイジェリア)で展開している。
 
Lunoは世界中の多くの国の通貨 (USD、EUR、MYR、GBP など) で取引できる。
また、Lunoビットコインイーサリアム、USDCの年利最大7.6%の定期預金サービスを提供している。
 
現在、同取引所は5種の暗号通貨をサポートし、36の取引ペアを提供している。
 
Lunoの評価
WikiBitスコア:7.54

影響力:AA
世界取引所ランキング:第45位(出典:CoinGecko)
ホームページ:https://www.luno.com/
主要な取引暗号通貨:ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップルXRP

Lunoの現地調査(シンガポール

WikiBitではLunoの実態を探るため、シンガポールオフィスを訪れた。

登録された住所は共有スペースであり、Lunoのオフィススペースを確認できた。
しかし、従業員数は少なく、規模は小さかった。
 
真相公開
WikiBitにはLunoに関して、「出金できない」などのクレームが複数寄せられている。

なので、慎重に取引を行ってほしい。
 
免責事項
暗号通貨は価格変動が激しく、トレードの際は自身の投資経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等について十分検討する必要があります。本記事はあくまでも情報提供を目的としており、投資を推奨するものではありません。また、本記事を参考して投資した結果被った損失について、弊社は一切の責任を負いかねます。
 
現地調査内容は情報提供のみを目的としており、選択の最終的な順序とは見なされません。
 
WikiBitとは?
弊社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームです。登録されている暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万件を超えています。
 
真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信しています。
 
初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリで、取引所の安全性や評判を確認することを強く推奨しています。
 
https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html
コンテンツは全て無料で閲覧できます。
ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

TikTokでの暗号通貨投資詐欺にアメリカ商事改善協会(BBB)が警告 

アメリカの商事改善協会(Better Business Bureau:BBB)は9月16日、「TikTokの人気が高まるにつれて、詐欺も増加している。動画配信プラットフォームのTikTokで詐欺に関連する報告が次々と寄せられており、暗号通貨関連の詐欺が多発している」と警告した

https://www.bbb.org/article/scams/27566-bbb-scam-alert-cryptocurrency-investment-scams-take-to-TikTok)。

 

BBBによると、「大量の現金を見せ、暗号通貨に投資してわずか数日で大金を稼いだ」というコンテンツがTikTokに投稿され、その後「数百ドルの暗号通貨をあっという間に数千ドルになる」と言葉巧みに投資に誘う。

 

詐欺師はWhatsapp、Telegram、または他のトークアプリを利用し、Paypal、Zelle、Venmoなどの決済サービスを介して、金銭(一般的に最初は数百ドル)を送るよう指示する。他には、暗号通貨を購入させてから送金させるパターンもある。

 

出金申請すると、詐欺師は高額の手数料を請求し、手数料を支払わないと「今まで稼いだ利益を失う」、「法的手段に訴える」などと脅し、更に金銭を騙し取る。被害者は投資の利益も元金も全て失う。

 

BBBは4つの詐欺対策を紹介した。

 

1.良く考えてから投資する。一攫千金やハイリターンが保証された投資は、ほぼ詐欺である。

 

2.良くリサーチしてから投資する。投資する前に、相手の名前、電話番号、会社名 (ある場合) をインターネットで調べる。既に被害に遭っている人がいる場合、被害者の体験談や投資先(詐欺師)に関する悪い口コミがインターネット上で見つかる可能性がある。

 

3.勇気を持って対応する。詐欺師は「今、投資しないと大きなチャンスを失う」など言葉巧みにあなたにお金を出させようとする。また、あなたが出金を依頼すると法外な手数料を要求し、手数料を支払わないと法的手段に訴えると脅迫することもある。その時、恐怖に負けて手数料を支払ってはならない。それは詐欺の常套手段だからである。

 

4.決済サービスの仕組みを理解する。決済サービスでの送金は銀行で現金を送金するのと同じである。詐欺に遭ったと気づいても、基本的にお金は戻らない。決済サービスで送金する場合、信頼できる相手にのみ使用する。

 

BBBは1912年に不正な商行為を規制するために設立した非営利組織である。悪質な広告や販売活動を監視、放逐し、倫理的なビジネス慣行を促進するのが目的である。

 

2022年3月に発表したBBB詐欺トラッカーリスクレポート(2021 BBB Scam Tracker Risk Report.https://www.bbb.org/article/scams/26628-2021-bbb-scamtracker-risk-report

)では、暗号通貨関連詐欺は2020年の危険な詐欺第7位から2021年には第2位へと危険度が上がった。

 

関連記事

japan.wikibit.com

 

免責事項
暗号通貨は価格変動が激しく、トレードの際は自身の投資経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等について十分検討する必要があります。
本記事はあくまでも情報提供を目的としており、投資を推奨するものではありません。
また、本記事を参考して投資した結果被った損失について、弊社は一切の責任を負いかねます。


WikiBitとは?
弊社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームです。
登録されている暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万件を超えています。

 

真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信しています。

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリで、取引所の安全性や評判を確認することを強く推奨しています。

 

https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html
コンテンツは全て無料で閲覧できます。
ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

WikiBit取引所解説:暗号通貨取引所BtcTurk

名称:BtcTurk
本社所在地:トルコ

BtcTurkは2013年に設立されたトルコの暗号通貨取引所である。
BtcTurkはトルコ初の暗号通貨取引所である。
450万人のユーザーがいる。
 
BtcTurkはトルコリラで取引でき、97%の暗号資産がコールドウォレットで保管されている。
二重認証に加え、段階的なセキュリティで、ユーザーの資産を安全に保管している。
 
現在、同取引所は60種以上の暗号資産、150個以上の取引ペアを提供している。
 
 
BtcTurkの評価
WikiBitスコア:4.16

影響力:AA
世界取引所ランキング:第31位(出典:CoinGecko)
ホームページ:https://pro.btcturk.com/en
主要な取引暗号通貨:LUNC、LUNA、リップルXRP
BtcTurkはライセンスを取得していないので、リスクがある。
 
BtcTurkの現地調査(トルコ)

WikiBitではBtcTurkの実態を探るため、トルコオフィスを訪れた。

登録された住所にBtcTurkがあったが、オフィスに入る許可を得られなかったため、社内の様子や運営状況は確認できなかった。
 
真相公開
WikiBitにはBtcTurkに関してクレームがないが、ライセンスを取得していないこともあるので、慎重に取引を行ってほしい。
 
免責事項
暗号通貨は価格変動が激しく、トレードの際は自身の投資経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等について十分検討する必要があります。本記事はあくまでも情報提供を目的としており、投資を推奨するものではありません。また、本記事を参考して投資した結果被った損失について、弊社は一切の責任を負いかねます。
 
現地調査内容は情報提供のみを目的としており、選択の最終的な順序とは見なされません。
 
WikiBitとは?
弊社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームです。登録されている暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万件を超えています。
 
真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信しています。
 
初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリで、取引所の安全性や評判を確認することを強く推奨しています。
 
https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html
コンテンツは全て無料で閲覧できます。
ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

SECとの裁判の判決前に米国商品先物取引委員会委員がリップル社CEOと面会

米国商品先物取引委員会(the United States Commodity Futures Trading Commission:CFTC)の1人であるキャロライン・ファム(Caroline Pham)氏は9月19日のツイートで、リップルラボ(Ripple Labs)のオフィスに訪ねCEOのブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏と面会したとツイートした。
 
ファム氏は今回の訪問を暗号資産とブロックチェーンに関する学習ツアーの一環であると説明した。
 
ガーリングハウス氏はファム氏の訪問を受け、「キャロライン・ファム委員を私たちのオフィスにお迎えできることを大変嬉しく思います。」とツイートした。


 ファム氏がリップル社のオフィスを訪問したのは、米国証券取引委員会(Securities and Exchange Commission:SEC)がリップル社を提訴した裁判の判決が下る前のタイミングである。
 
SECはXRPの販売が米国証券法に違反すると主張し、2020年12月にリップル社に対して訴訟を起こした。訴訟の争点となっているのが、 XRPがハウィー・テスト(HOWEY TEST)の「投資契約」に該当するかどうかである。
 
1933年に制定された証券法では、米国で証券を販売する際にSECに証券登録を義務付けている。証券法では、投資契約が証券に該当すると記載されている。投資契約の判断基準となるのがハウィー・テストである。ハウィー・テストの4要件に満たした場合、証券とみなされる。
 
ハウィー・テストの4要件
1.投資
商品やサービスの提供ではなく、金銭的な利益を受けることに対して、現金 またはその他の金銭的価値のあるものを支払うこと
2.共通性
複数の投資家の資金が共有されるという水平的共通性と、投資家と投資運用 者が共通の利益を有するという垂直的共通性があること
3.他人の期待
投資家の主要な動機が、利益を得ることであること
4.第三者の努力
利益が、投資家ではなく、専ら運用者の努力によって得られること
出所:野村資本市場研究所レポート:『規制強化を機にビジネス拡大を目指す米国の仮想通貨交換業者』
http://www.nicmr.com/nicmr/report/repo/2018/2018sum04web.pdf
 
SECのゲイリー・ゲンスラー(Gary Gensler)議長は「 SECは暗号通貨プロジェクトと関連分野に強制措置を講じる」姿勢である。7月、暗号通貨取引所コインベース(CoinBase)の元プロダクトマネージャーに対して、9つのトークンを「暗号資産証券」に該当するとして訴訟を起こした。
 
リップル社に対する訴訟において、 XRPが商品とされるか証券とされるかで、SECの暗号通貨に対する今後の指針が大きく変わることになる。
 
参考までに、米司法省と財務省の金融犯罪取締ネットワーク(The Financial Crimes Enforcement Network:FinCEN)は2015年、XRPを交換可能な暗号通貨であり、リップル社はXRPの送金業者であると判断した。CFTCは、暗号通貨は商品であり、連邦税法上の「財産」であるとして、会計原則上の無形資産に分類した。

WikiBitでのXPRのスコアは8.59である。

www.wikibit.com



免責事項
暗号通貨は価格変動が激しく、トレードの際は自身の投資経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等について十分検討する必要があります。
本記事はあくまでも情報提供を目的としており、投資を推奨するものではありません。
また、本記事を参考して投資した結果被った損失について、弊社は一切の責任を負いかねます。
WikiBitとは?
弊社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームです。
登録されている暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万件を超えています。
 
真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信しています。
 
初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリで、取引所の安全性や評判を確認することを強く推奨しています。
 
https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html
コンテンツは全て無料で閲覧できます。
ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

WikiBit取引所解説:暗号通貨取引所EXMO

名称:エクスモ(EXMO)
本社所在地:イギリス

EXMOは2014年2月に設立された暗号通貨取引所である。
英国に本社を置き、ウクライナポーランドリトアニア、米国にオフィスを構えている。
 
EXMOはウクライナで最も人気の取引所である。
毎日24,000人以上が利用している。
 
同取引所は50種類以上の暗号通貨、180の取引ペアを提供している。
ユーロで取引でき、現物取引の他、OTC(店頭取引)やステーキングなどのサービスも提供している。
 
EXMOの特徴
WikiBitスコア:4.56

影響力:AA
世界取引所ランキング:第36位(出典:CoinGecko)
ホームページ:https://exmo.com/
主要な取引暗号通貨:イーサリアム(ETH)、ビットコイン(BTC)、リップルXRP

EXMOはライセンスを取得していないので、リスクがある。
 
EXMOの現地調査

WikiBitではEXMOの実態を探るため、イギリスオフィスを訪れた。

登録された住所に行ったところ、ホテルだった。

ホテルの隣のオフィスビルがあったが、外には EXMOの名前とロゴが確認できず、中に入ることができなかったため、EXMOのオフィスの存在を確認できなかった。

EXMOのオフィスは存在しない可能性もあるので、同取引所を利用する場合、慎重に取引を行ってほしい。
 
真相公開
WikiBitにはEXMOに関するクレームは2件寄せられているのみである。

トラブルが少ないが、ライセンスを取得していなこともあるので、慎重に取引を行ってほしい。
 
免責事項
暗号通貨は価格変動が激しく、トレードの際は自身の投資経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等について十分検討する必要があります。本記事はあくまでも情報提供を目的としており、投資を推奨するものではありません。また、本記事を参考して投資した結果被った損失について、弊社は一切の責任を負いかねます。
 
現地調査内容は情報提供のみを目的としており、選択の最終的な順序とは見なされません。
 
WikiBitとは?
弊社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームです。登録されている暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万件を超えています。
 
真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信しています。
 
初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリで、取引所の安全性や評判を確認することを強く推奨しています。
 
https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html
コンテンツは全て無料で閲覧できます。
ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

英国規制当局が暗号通貨取引所FTXを「無許可でサービスを提供した」と警告

英国の金融規制当局である金融行動監視機構(the Financial Conduct AuthorityFCA)は9月16日、暗号通貨取引所FTXの英国内における無許可での営業に対して警告した(https://www.fca.org.uk/news/warnings/ftx)。
 
FCAは「英国内で金融サービスや商品を提供、宣伝、販売する企業や個人は全て、FCAの認可を得るまたは登録しなければならない」と説明した。
 
さらに、「FTXは許可無く英国の投資家にサービスを提供しているが、投資家は金融オンブズマンサービスや金融サービス補償制度(the Financial Services Compensation Scheme:FSCS)の保護を受けられないため、万が一の場合にお金が戻ってくる可能性は低い」と警告文で消費者に注意を呼びかけた。
 
FTXは2022年3月7日にFTXヨーロッパ(FTX Europe)を設立し、https://ftx.com/euドメインキプロス証券取引委員会(the Cyprus Securities and Exchange Commission:CySEC)の認可を取得したと発表した。同社は欧州経済領域内で営業可能なライセンスを取得し、欧州の顧客にFTXの商品とサービスを提供する予定である。
 
FTXヨーロッパは現在、スイスに本社を置き、キプロスに地域本部を新たに設置している。
 
一方、英国で特定の暗号資産サービスを提供する企業は、マネーロンダリング、テロ資金調達、資金移動規則を遵守するものとし、FCAに登録しなければならない。
 
2022年5月、英国政府は暗号通貨の導入支援計画を発表した。計画の中にはステーブルコインの規制も盛り込まれている。
 
「英国を暗号資産テクノロジーの世界的なハブにする。暗号通貨関連企業を起業して成長させるのに世界で最も適した場所にする」と前財務大臣リシ・スナック(Rishi Sunak)氏は4月に述べた。しかし、スナック氏は7月に前首相のジョンソン政権を辞任した。新首相のリズ・トラス(Liz Truss)氏は暗号資産について2018年1月の「暗号通貨の可能性を制約しない形で歓迎すべきだ」という発言以来、まだ発言はない。
 
英国は現在厳しいエネルギー問題に直面しているため、エネルギーの供給計画を迅速に打ち出さなければならない。トラス首相は、「この厳しい時代を乗り越え、経済を成長させ、英国の潜在能力を引き出すために大胆な行動を取るつもりだ」とツイートした。暗号資産に関する政策は今後変わる可能性もある。
 
WikiBitでのFTXの安全性評価は6.74である。

 

免責事項
暗号通貨は価格変動が激しく、トレードの際は自身の投資経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等について十分検討する必要があります。
本記事はあくまでも情報提供を目的としており、投資を推奨するものではありません。
また、本記事を参考して投資した結果被った損失について、弊社は一切の責任を負いかねます。

WikiBitとは?
弊社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームです。
登録されている暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万件を超えています。
 
真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信しています。
 
初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリで、取引所の安全性や評判を確認することを強く推奨しています。
 
https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html
コンテンツは全て無料で閲覧できます。
ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

WikiBit取引所解説:暗号通貨取引所Flybit

名称:Flybit
本社所在地:韓国

Flybitは2018年に設立され、韓国で登録された暗号通貨取引所である。 同取引所は国際公認水準のハッキング事故防止ソリューションを運営し、コールドウォレットを通じてユーザー資産を保護する。 現在、韓国法令に従って、同取引所は16種の暗号資産、18個USDTの取引ペアを提供している。 Flybitの評価WikiBitスコア:3.16

影響力:C
世界取引所ランキング:第80位(出典:CoinGecko)
ホームページ:https://flybit.com/
主要な取引暗号通貨:ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、CT
 
Flybitはライセンスを取得していないので、リスクがある。
 
Flybitの現地調査(韓国)

WikiBitではFlybitの実態を探るため、韓国オフィスを訪れた。

登録された住所にFlybitがあったが、オフィスに入る許可を得られなかったため、社内の様子や運営状況は確認できなかった。
 
真相公開
WikiBitにはFlybitに関するクレームがないが、 ライセンスの期限切れ、登録された住所にオフィスが存在していないなど安全性に対してリスクがあるので、慎重に取引を行ってほしい。
 
免責事項
暗号通貨は価格変動が激しく、トレードの際は自身の投資経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等について十分検討する必要があります。本記事はあくまでも情報提供を目的としており、投資を推奨するものではありません。また、本記事を参考して投資した結果被った損失について、弊社は一切の責任を負いかねます。
 
現地調査内容は情報提供のみを目的としており、選択の最終的な順序とは見なされません。
 
WikiBitとは?
弊社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームです。登録されている暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万件を超えています。
 
真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信しています。
 
初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリで、取引所の安全性や評判を確認することを強く推奨しています。
 
https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html
コンテンツは全て無料で閲覧できます。
ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。