Valkyrie社のビットコインETF、本日ナスダックに上場

米国証券取引委員会(the Securities and Exchange Commission:SEC)の承認を受け、10月19日に、プロシェアーズ(Proshares)社のビットコインBitcoin:BTC)ETFNYSE:BITO)が上場した。2日間後ヴァンエック(VanEck)社のビットコイン先物ETFもSECの許可を受け、来週にも取引開始する許可が出たされた。

 

それを先越え、ヴァルキリー(Valkyrie)社のビットコインETFは今日(10月22日)ローンチ可能性がでてきた。

 

ブルームバーグ・インテリジェンス(Bloomberg Intelligence)のシニアETFアナリストのエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が、「ヴァルキリー社のファンドは最終的な規制上のハードルをクリアした後、22日に発売される可能性が高まっている。まだ最終決定ではないが。」とツイートで述べていた。

 

もし、本日ナスダック(Nasdaq)に上場したら、事実上2番目の米国の株式市場に上場したBTCのEFTになる。

 

プロシェアーズ社のビットコインETFのBITOは、取引初日に10億ドルの出来高を記録した。翌日BTCのスポット市場では1口あたり67,017ドルと最高値を更新した。BITOがこのペースで資金流入を続ければ、月末にはプルーフ・オブ・ステーク制限(Proof of stake:PoS)のため、買える先物が残らない恐れもでてきた。

 

ヴァルキリーファンドのティッカーシンボルBTFかBTFD となる。プロシェアーズやヴァンエックとは異なり、ValkyrieのETFニューヨーク証券取引所NYSE)ではなく、ナスダックに上場することになる。

 

2021年10月は、ビットコイン上場投信の月となった。

 

WikiBitの声明:

暗号通貨の価格変動が激しく、投資家は取引を行う前に自分の経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等、十分に理解する必要があります。

本記事の内容はWikiBitからの分析であり、投資参考ではありません。

投資家は本記事を参考し、投資することによる損失について、当社は一切責任を負いかねます。

 

*************

 

当社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームで、暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万社以上超えています。   

 

 「真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信。  

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリでライセンスの取得状況や評判を確認することを強く推奨しています。  

 

https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html  

コンテンツは全て無料で閲覧できるので、ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

ビットコインは過去最高値を更新、年末に10万ドルを突破するか?

10月20日ビットコイン(BTC)2021年4月に記録した過去最高値を突破し、日間の価格は最大67,071ドルに達し、今年初めの水準まで戻した。の。米国初のビットコイン上場投資信託ProShares Bitcoin Strategy ETFNYSE:BITO)が10月19日に販売されたため、VanEckとValkyrieビットコイン先物ETFも承認された。トレーダーは引き続き楽観的な態度を持っており、暗号市場全体はさらに上昇すると予想される。

 

 

高い融資金利は、ロングが強制清算しないために、ショートに多額の資金を払っていることを示している。価格トレンドが逆転した場合、多くのロングが清算される。これは短期的な弱気と見なすことができるが、長期的なトレンドに脅威がなく、長期的なトレンドは依然として上昇している。

 

さらに、bybtデータは、暗号通貨の恐怖と貪欲さの指標がわずか3週間前の20から82に急上昇したことを示している。この指標の数字が大きいほど、市場でより多くの貪欲が見られることを示している。

 

ビットコインは上昇トレンドが継続している。アナリストのダマニック・ダンテス(Damanick Dantes)は水曜日に、価格チャートのシグナルの解釈に基づいて、86,000ドルが次の主要なターゲットの可能性があるとコメントしている。

 

アナリストは、次の抵抗帯は74,000ドル近くであり、一時的にそれ以上のリバウンドを防ぐ可能性があると考えている。ただし、週足チャートの強い上昇意欲のシグナルを考えると、ロングは60,000から65,000米ドルのサポートソーン以上で保持している可能性がある。10月1日の200日移動平均の傾向から判断すると、サポートがある場合、ビットコインはさらに86,000ドルに上昇する可能性がある。ビットコインが上昇トレンドを継続するかどうかは、RSIの数値が50~60の間で推移できるかどうかがポイントである。

ARK36のリスク管理部門のエグゼクティブディレクターであるミケルモーチ(Mikkel Morch)氏は、「新しい過去最高値は長い間維持されていないが、この強気市場の第2段階が始まったばかりである」と考えている。

 

グレゴワールマガディーニ(Gregoire Magadini)氏は「先週のビットコインETFが承認された後、*インプライド・ボラティリティが上昇しており、投資家の間では年末のBTC は10万ドルに到達するかもしれないという話題で持ちきりである。」と述べた。

 

*インプライド・ボラティリティとは

実際に取引されているオプション価格から算出された原資産の変動率(ボラティリティ)のことで、「予想変動率」ともいいます。 これは重要な経済指標が大きく変わったり、政情不安が起きたりすると株価の変動を予想して大きくなります。

出典:https://www.jpx.co.jp/ose-toshijuku/column/futures_option/option/03.html

 

WikiBitの声明:

暗号通貨の価格変動が激しく、投資家は取引を行う前に自分の経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等、十分に理解する必要があります。

本記事の内容はWikiBitからの分析であり、投資参考ではありません。

投資家は本記事を参考し、投資することによる損失について、当社は一切責任を負いかねます。

 

*************

 

当社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームで、暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万社以上超えています。   

 

 「真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信。  

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリでライセンスの取得状況や評判を確認することを強く推奨しています。  

 

https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html  

コンテンツは全て無料で閲覧できるので、ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

ビットコインETFのBITOの上場に続き、VanEckがSECの承認を受ける

投資信託顧問会社のVanEckは、米国証券取引委員会(U.S. Securities and Exchange Commission SEC)の承認を受けて、10月25日にビットコイン(BitCoin: BTC)先物ETFのローンチを予定している。

 

ヴァンネックVanEckBTC先物ETFは、19日にローンチしたプロシェアーズ(Proshares)の BTCのETF(BITO)に続いて、2番目の米国ファンドである。

 

ヴァンネックVanEck社のBTC先物ETFのティッカーは「XBTF」となり、BTCやその他の暗号資産に直接投資することはない、現金決済のBTC先物契約を投資する。ヴァンネックVanEck社のBTC先物ETFニューヨーク証券取引所(The New York Stock Exchange:NYSE)に上場する予定である。

 

20日のBTCスポット市場では、1枚67,017ドルの史上最高値(ATH)になった。BITOはすでに資産額でETFの上位30%に入っていた。

 

BITOとXBTFのビットコイン先物ETFの承認は、米国におけるビットコイン関連の上場投資信託にとって画期的な出来事である。米国の投資家は初めて、代表的な暗号資産のBTCのETFに投資することが可能となった。

 

SECのゲイリー・ゲンズラー(Gary Gensler)議長は、19日のCNBCとのインタビューの中で、「ビットコイン先物は、我々の姉妹機関である商品先物取引委員会(the Commodity Futures Trading Commission:CFTC)が監督してきたが、私はかつてそこで務めたことを光栄に思い、誇りに思っている」。

 

暗号通貨のコミュニティでは、ヴァンネックVanEck社のビットコイン先物ETFの上場に大きく期待しているようだ。

 

WikiBitの声明:

暗号通貨の価格変動が激しく、投資家は取引を行う前に自分の経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等、十分に理解する必要があります。

本記事の内容はWikiBitからの分析であり、投資参考ではありません。

投資家は本記事を参考し、投資することによる損失について、当社は一切責任を負いかねます。

 

*************

 

当社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームで、暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万社以上超えています。   

 

 「真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信。  

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリでライセンスの取得状況や評判を確認することを強く推奨しています。  

 

https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html  

コンテンツは全て無料で閲覧できるので、ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

リップル社はSECと和解する?

BTC(ビットコイン)は再び60,000ドル近辺の高値で推移している。BTCの上昇影響で、多くの暗号資産も上昇し始めた。また、SECとの訴訟紛争になっているXRP(リップル)も上昇している。データによると、XRPは10月初旬の0.94ドルからゆっくりと上昇しており、現在の価格は約1.09ドルである。

 

XRPが上昇トレンドになっている根本的な理由は、リップルがついに新たな進歩を遂げたことである。9月末、リップル社CEOのガーリングハウス(Garlinghouse)はフォックスビジネスとのインタビューで、規制当局がXRPの規制状況を明確に定義するのであれば、リップルも米国証券取引委員会(SEC)と和解する用意があると述べた。

 

2020年12月23日リップル社と2人の幹部がSECに訴えられた。そのため、XRPは急落し、価値がゼロになる可能性も浮上、パニック相場のために市場を去ったXRP投資家もいた。

 

SECは、リップル社が証券ライセンスを取得していないと主張している。

 

リップルCEOのガーリングハウスは「SECは誤解している」と述べた。リップル社の主張は、「XRPはSECによって認定されているBTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)と同じ暗号通貨資産の1つであり、投資契約を結んでいるのではない」というものである。また、CEOはSECとの訴訟で勝訴する自信を見せた。SECはXRPを証券の1つと見なしている。一方、他の国々の見解はどうだろうか。

 

英国政府は、XRPが証券ではなく取引トークンであるいう認識を示した。英国財務省は、XRP、ETH、BTCを「主に交換手段として使用されるトークン」として分類している。いわゆる「トランザクショントークン」は「規制されていない」カテゴリに分類されている。つまり、電子マネーでも証券トークンでもない。

 

日本のSBIグループは、XRPは証券ではなく暗号通貨資産であると述べた。また、XRPは引き続き暗号資産として取引されるとコメントしている。

 

2021年9月初旬、リップルの法務チームは、SECと和解するのを検討していないと述べた。

しかし、1ヶ月も経たないうちに、リップル社は態度を改め、SECとの和解を探っているようだ。リップル社とSECの対立が終了に近づいているのかもしれない。

 

WikiBitの声明:

暗号通貨の価格変動が激しく、投資家は取引を行う前に自分の経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等、十分に理解する必要があります。

本記事の内容はWikiBitからの分析であり、投資参考ではありません。

投資家は本記事を参考し、投資することによる損失について、当社は一切責任を負いかねます。

 

*************

 

当社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームで、暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万社以上超えています。   

 

 「真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信。  

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリでライセンスの取得状況や評判を確認することを強く推奨しています。  

 

https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html  

コンテンツは全て無料で閲覧できるので、ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

BTC先物のオープンポジション急増、ビットコインETFの正式発表に向けて

f:id:WikiBitJapan:20211020165657j:plain

10月19日、上場投資信託(Exchange Traded Fund:ETF)専門のプロシェアーズ(ProShares)社のBTCETF(BITO)がローンチされた。取引開始時点で、ETF初値を超えて取引されていた。30分も経たないうちに約2億6,400万ドルが取引されており、1日の取引量は10億ドル近くに上った。

 

初のビットコインETFとして、BITO はビットコインデリバティブ市場をベースにしているため、ローンチに先立ち、BTC先物のオープンポジションが大量に流入したことが記録された。

 

コインベース分析チームCoinbase Institutional arm Skew Analyticsのデータによると、今月初めからBTC先物のオープンポジションが急増している。

 

バイナンス(Binanceは23.5%、FTXは17.17%のシェアを占めている。シカゴ・マーカンタイル取引所(Chicago Mercantile Exchange:CME)は、BTC先物のオープンポジションの15.54%を占めている。

 

CMEに続いて、BybitOkexDeribitHuobiBitmexなどの暗号通貨デリバティブ取引所を合わせると、ビットコイン先物のオープンポジションは35.56%を占めている。

 

ETF関連の動向はビットコイン市場に大きな影響を及ぼしている。ビットコイン価格は過去最高値を更新するなか、ビットコインETFへの期待も一層高まっている。

 

WikiBitの声明:

暗号通貨の価格変動が激しく、投資家は取引を行う前に自分の経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等、十分に理解する必要があります。

本記事の内容はWikiBitからの分析であり、投資参考ではありません。

投資家は本記事を参考し、投資することによる損失について、当社は一切責任を負いかねます。

 

*************

 

当社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームで、暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万社以上超えています。   

 

 「真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信。  

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリでライセンスの取得状況や評判を確認することを強く推奨しています。  

 

https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html  

コンテンツは全て無料で閲覧できるので、ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

迫るビットコインETF承認への期待が急上昇

f:id:WikiBitJapan:20211018130804j:plain

10月14日午後、米国証券取引委員会(The U.S. Securities and Exchange Commission:SEC)が、ビットコイン(BitCoin: BTC)先物保有するファンドへの投資について、ツイートで「ビットコイン先物契約を保有するファンドに投資する前に、潜在的なリスクと利益を慎重に検討してほしい」と発言した。

 

規制当局がビットコイン上場投資信託ETF)、特にビットコイン先物に投資するファンドを近々承認するのではないかという楽観的な見方が、暗号コミュニティの中で広がっている。

 

f:id:WikiBitJapan:20211018131202p:plain

しかし、投資家向けの会報が発行されたのは6月で、SECは当時、ビットコイン先物保有するファンドへの投資について同様のメッセージをツイートしていたことから、木曜日のツイートはビットコインETFの承認を示すものではないと注意を促す声もあった。

 

NBAダラス・マーベリックス(Dallas Mavericks)チームのオーナーのマーク・キューバン(Mark Cuban)氏は、ビットコインベースの上場投資信託ETF)への投資に「ノー」と語っている。

 

キューバン氏は、アルゴリズムによる希少性から、ビットコインを「GOLDよりも優れた”金”」と呼び、暗号通貨を通貨ではなく価値の貯蔵庫と見なしていた。キューバン氏は、イーサリアム(Ether :ETH)ドージコイン(Dogecoin: DOGE)、非代替性トークン(Non-Fungible Token:NFT)および多くのブロックチェーン企業に投資している。

 

キューバン氏は、SECの暗号資産業界の規制に対して、公に批判している。

 

先物ベースのビットコインETFは、実際にコインを所有することなく、投資家に暗号市場へのある程度のエクスポージャーを提供している。ETFの価格は、ビットコインの価格とは一致しない。バイ&ホールドの長期投資よりも、ビットコインETFは短期的なエクスポージャーに適している。

 

ビットコインETF承認への期待で、ビットコインが急上昇しているが、ビットコインETFに対して、投資家はそれほど熱くではないようだ。

 

WikiBitの声明:

暗号通貨の価格変動が激しく、投資家は取引を行う前に自分の経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等、十分に理解する必要があります。

本記事の内容はWikiBitからの分析であり、投資参考ではありません。

投資家は本記事を参考し、投資することによる損失について、当社は一切責任を負いかねます。

 

*************

 

当社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームで、暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万社以上超えています。   

 

 「真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信。  

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリでライセンスの取得状況や評判を確認することを強く推奨しています。  

 

https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html  

コンテンツは全て無料で閲覧できるので、ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

 

暗号通貨ビリオネアの7人が2021年フォーブス400に入選

 

10月5日、2021年「フォーブス400」が公開された。このリストは、2021年の最も裕福なアメリカ人のランキングだ。歴史上初めて、暗号通貨分野の7人のビリオネアが入選した。

 

1.Sam Bankman-Fried

 

7人の億万長者の資産総額は551億米ドルUSD)と推定されてい。そのうち、225億ドルの資産である。

 

Sam Bankman-Fried、暗号通貨デリバティブ取引所であるFTXの29歳のCEOであるBankman-Friedは、2年以内に、業界最大の取引プラットフォームを設立し、日間取引量は138億ドルに達した7月、FTXは9億ドルの資金調達を完了し、評価額は180億ドルである。これは、暗号通貨業界で最大のベンチャーキャピタルある

 

2. Brian Armstrong

 

純資産:115億ドルであり、米国最大の暗号通貨取引所であるCoinbaseのCEO兼共同創設者である。今年4月に会社がナスダックに上場することを公開した後、彼の個人資産も着実に成長した。Armstrongは、Coinbaseの約19%の株保有してい

 

3. Chris Larsen

 

純資産:リップル社のCEOの個人資産は、60億ドルでる。リップルと米国証券取引委員会の間の訴訟はまだ続いていが、XRPトークンの価値が急上昇したため、個人資産は33億ドル増加した。

 

4と5.Cameron WinklevossTyler Winklevoss

 

純資産:1人あたり43億ドルである2021年4月、この二人の兄弟暗号通貨取引所Geminiの創設者としてフォーブス2021 世界のビリオネア」雑誌の表紙に登場した。この表紙はNFTトークンの形で販売されたこの作品は「Merchants of the Metaverse」のテーマでNifty Gateway デジタルアートプラットフォームのオークションで333,333ドルで販売された。

 

6.Fred Ehrsam

 

純資産:35億ドルである。Fred Ehrsamは、2012年にArmstrongと一緒にCoinbaseを共同設立した。彼は2017年に退職したが、暗号通貨に焦点を当てた投資会社Paradigmをリードすることに加えて、現在もCoinbaseの取締役会のメンバーの一員である

 

7. Jed McCaleb

 

純資産:30億ドルである。McCalebは、ブロックチェーン分野の先駆者であり、数社の有名な暗号通貨会社の設立を支援した。その中にはRippleやビットコイン取引所Mt.Goxなどが含まれている彼はMt. Goxがハッキングされる前にこの取引所を売った。McCalebの資産のほとんどは、リップルの共同創設者として保有するXRP株からである

 

7の暗号通貨ビリオネアの資産合計は550億ドルである29歳のSam Bankman-Friedは、ザッカーバーグ以来30歳未満で最も裕福なビリオネアであるBrian Armstrong(38歳)とFred Ehrsam(33歳)はどちらも40歳未満の億万長者のリストに入選されてい

 

暗号通貨が全面的に新しい価格記録を打ち立てたため、暗号通貨の億万長者の数の増加は、主にこの分野への機関投資家の関心の高まりによるものだ。 フォーブスが2020年9月にリストをリリースして以来、ビットコインの価格は10,128米ドルから50,078ドルに急騰した。2番目に大きい暗号通貨であるイーサリアムは1,000%近く上昇した。暗号通貨の総市場価値は初めて1兆米ドルを超えて、5月に2.4に達っした。 リストに7人の暗号起業家が含まれていることは、主流の文化における暗号通貨の人気の高まりと、業界の将来の発展に対する機関投資家の期待を反映している。

 

WikiBitの声明:

暗号通貨の価格変動が激しく、投資家は取引を行う前に自分の経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等、十分に理解する必要があります。

本記事の内容はWikiBitからの分析であり、投資参考ではありません。

投資家は本記事を参考し、投資することによる損失について、当社は一切責任を負いかねます。

 

*************

 

当社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームで、暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万社以上超えています。   

 

 「真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信。  

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリでライセンスの取得状況や評判を確認することを強く推奨しています。  

 

https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html  

コンテンツは全て無料で閲覧できるので、ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。