週間上昇率topトークンの情報まとめ

1月16日ー1月21日、毎日上昇Top3の情報まとめである。 日間上昇率Top1:HOOK(+45.45%/7日間上昇率:+39%) 7日間上昇率Top1:APT(+69%) 上昇し続けるトークン: FXS:2回「日間上昇Top3」に入れ、一番高い日間上昇率は+21.82%であり、7日間上昇率は+22…

世界経済の2つの重要な変化

米国投資銀行モルガン・スタンレーの会長兼最高経営責任者ジェームズ・ゴーマン(James Gorman)氏は1月19日スイスのダボスで行われたCNBCのインタービューで、「最近、経済にとって重要な変化が2つ起きた。1つは米国のインフレで、もう1つは中国が経済に軸…

FTXが復活!?

ウォール・ストリート・ジャーナルは、「FTXのCEOジョン・J・レイ3世(John J. Ray III)氏がFTX.comの再開を検討するチームを立ち上げた」と報道した。 インタビューでレイ氏はFTX再開の可能性について、「まだ検討中である。再開できる可能性があれば、FTX…

WikiBit速報まとめ

①ビットコインが暗号通貨の冬をうまく乗り切った Goldmoneyの創設者であり著名な金融アナリストであるジェームズ・ターク(James Turk)氏はSNSで、「ビットコインが暗号通貨の冬をうまく乗り切った」と投稿した。 ジェームズ・ターク氏は、「ビットコインが…

週間上昇率topトークンの情報まとめ

1月10日ー1月14日、毎日上昇Top3の情報まとめである。 日間上昇率Top1:MAGIC(+37.13%/7日間上昇率:+33.9%) 7日間上昇率Top1:APT(+102.2%) 上昇し続けるトークン: APT:2回「日間上昇Top3」に入れ、一番高い日間上昇率は+34.03%であり、7日間上昇…

新手の詐欺アドレスポイズニング!メタマスクが注意喚起

メタマスク(Metamask)は、「アドレスポイズニング(Address Poisoning)という新手の詐欺が増加しているから、ウォレットアドレスをコピー&ペーストをしないように」とツイッターで注意を促した。 You can protect yourself by double-checking the full …

WikiBit速報まとめ

①大麻企業ジェネレーション・ヘンプがビットコインマイニングに参入 米国の大手大麻企業ジェネレーション・ヘンプ(Generation Hemp Inc.)は、コスタリカでのビットコインマイニング事業など新しい持続可能なエネルギープロジェクトに進出するため、エバー…

WikiBit速報まとめ

①エルサルバドルがデジタル資産法案を可決 エルサルバドルの立法議会は1月11日、ビットコイン以外のデジタル資産発行に関する法案を承認した。この法案には火山債などのビットコイン担保債券の発行に関する法的枠組みが含まれる。62名の議員が賛成、16名が反…

Ava LabとAmazon Web Servicesの提携でAVAXトークンが26%以上急騰

アバラボ(Ava Labs)とアマゾン・ウェブ・サービス (Amazon Web Services:AWS) は1月11日、企業、機関および政府のブロックチェーン導入促進での提携を発表した。 発表によると、AWSはAWSマーケットプレイス(AWS Marketplace)を通じて、ワンクリック起動…

WikiBit速報まとめ

①ソラナチェーンのNFT総売上高が33億ドルを突破 クリプトスラム(Cryptoslam)のデータによると、ソラナ(Solana)チェーンのNFT総売上は33億ドルを超え、取引件数は1680万件を超えた。前月比13.8%増である。 ソラナは現在、NFTの売上高でイーサリアム、ロー…

フォビコリアがフォビグローバルから独立

韓国ニュースメディアのニュース1(News1)1月9日の報道(https://www.news1.kr/articles/4919434)によると、フォビコリア(Huobi Korea)は親会社フォビグローバル(Huobi Global)が保有する持ち株を買い取り、フォビグローバルから独立し、韓国企業とし…

WikiBit速報まとめ

①バイナンス2ヶ月で120億ドルの資金が流出 12月13日、ブロックチェーンデータ分析企業ナンセンス(Nansen)は、バイナンス(Binance)は1週間で30億ドル(総資産の4%)を流出したというニュースを発表した。さらに、フォーブス(Forbes)の調査によると、ナ…

ベトナムのハッカーが10年の実刑判決

ベトナムのオンラインニュースメディアVNエクスプレス(VNExpress)の報道によると、Nham Hoang Khang氏は暗号通貨・データの窃盗および恐喝の罪で起訴され、1月6日に10年の禁固刑の判決を言い渡された。また、盗んだ暗号通貨を返還するよう命じられた。 Nha…

週間上昇率topトークンの情報まとめ

1月3日ー1月7日、毎日上昇Top3の情報まとめである。 日間上昇率Top1:GALA(+28.69%) 7日間上昇率Top1:GALA(+142.6%) 上昇し続けるトークン: SOL:2回「日間上昇Top3」に入れ、一番高い日間上昇率は+17.29%であり、7日間上昇率は+41.6%である。 LDO…

WikiBit速報まとめ

①米連邦政府がFTXの所有するロビンフッド株4.6億ドルを押収 FTXの破産手続き弁護士ジェームズ・ブロムリー(James Bromley)氏は、「米連邦政府はロビンフッド(Robinhood)の株式4.6億ドル相当を含むFTXと関係のある資産を押収した」と発表した。そして現在…

アラメダ・リサーチの財政破綻が始まっていたのはいつから?

2022年12月31日に発行されたウォール・ストリート・ジャーナル(The Wall Street Journal:WSJ)のレポートによると、サム・バンクマン=フリード(Sam Bankman-Fried、通称SBF)氏が設立したアラメダ・リサーチ(Alameda Research)社は2018年から巨額の資…

2023年はさらに厳しい一年に!IMFの世界経済予測 

国際通貨基金(International Monetary Fund:IMF)のクリスタリナ・ゲオルギエヴァ(Kristalina Georgieva)専務理事は、2023年1月1日、CBSのニュース番組のインタビューで、米国、EU、中国および世界経済に関するIMFの予測を発表した。 ゲオルギエヴァ氏は…

暗号通貨市場は低迷しても暗号通貨決済は増加中

暗号通貨は投資・投機というイメージが強いが、決済手段としても広まっている。なぜなら暗号通貨は、便利で、スピーディーで、手数料が安く、セキュリティが高いなどのメリットがあるからだ。 従来の決済手段には、決済時間が長く、仲介する業者が多く、不透…

Sushiの寿命があと1年半!?CEOが打開策を提案

2022年12月、DEX(分散型取引所)スシ(Sushi)の新任CEOジャレッド・グレイ(Jared Gray)氏はガバナンス・フォーラムでSushiの窮状を告白し、改善計画を提案した。 ジャレド氏は、「財政上の赤字がプロジェクトの継続に影響を与えている。就任以来、年間支…

ブルームバーグが2023年の暗号通貨相場を大予想展

ビットコインは今後生き残るのか?それとも滅びるのか? 2022年の暗号通貨市場のはこの問いに対する答えを出す1年となった。 ブルームバーグは、世界中の投資家がポートフォリオの一部にビットコインを組み込むため、2023年暗号通貨市場は回復すると予想して…

FTXとBlockFiの破綻で暗号通貨マイニング業界が大ピンチ

暗号通貨業界の関係者とコインデスク(CoinDesk)がまとめたデータによると、現在ビットコインのマイナーは債務問題に直面している。暗号通貨取引所FTXと暗号通貨レンディング企業BlockFiの破綻による影響を直接または間接的に受けたのが原因であり、マイナ…

2023年、海外発のステーブルコインが国内解禁

日経ニュースの報道によると、金融庁は2023年にテザー(USDT)やUSDコイン(USDC)など海外ステーブルコインの国内流通の解禁を検討している。 今後、国内取引所で信用状況や送金制限などのルールの下、ステーブルコインを取引できるようになる。なお、金融…

2022年は暗号通貨投資家にとっては最悪だけど詐欺師にとって最高の年

暗号通貨の歴史の中で、2022年は最悪の年であった。しかし、暗号通貨をネタにした詐欺師にとっては最高の年となった。 ブロックチェーンのリスク監視会社Solidus Labsの最新レポートによると、2022年1月1日から12月1日までの期間、11.7万以上の詐欺トークン…

週間上昇率topトークンの情報まとめ

12月19日ー12月24日、毎日上昇Top3の情報まとめである。 日間上昇率Top1:DREP(+60.41%/7日間上昇率:+2.4%) 7日間上昇率Top1:MTL(+8.6%) 上昇し続けるトークン: MAGIC:2回「日間上昇Top3」に入れ、一番高い日間上昇率は+15.07%であり、7日間上昇…

デジタル・ユーロ発行が実現の可否、は2023年秋に決定

欧州中央銀行(The European Central Bank:ECB)は、デジタル・ユーロ発行を実現するか否かを2023年秋に決定すると調査2次報告書で発表した。 報告書では、ECBが仲介業者を通じたデジタル・ユーロの流通ルールの策定を提案し、流通経路の選択肢を提示し、デ…

FTX破綻で米SECがキャロライン・エリソン氏とゲイリー・ワン氏を起訴!詐欺の全貌が明らかに

2022年12月21日、米国証券取引委員会(SEC)は、FTX創設者サム・バンクマン=フリード(Sam Bankman-Fried、通称SBF)氏のパートナーであるアラメダ・リサーチ(Alameda Research)元CEOキャロライン・エリソン(Caroline Ellison)氏とFTX共同設立者で元CTO…

英国の広告規制当局がCrypto.comとTurtle UnitedのNFT広告を禁止

英国の広告基準協議会(ASA)はクリプトドットコム(Crypto.com)とタートルユナイテッド(Turtle United)に対して、NFT(非代替トークン)のプロモーション広告を禁ずる裁定を下した。 禁止の裁定を受けたのはクリプトドットコムとタートルユナイテッドが7…

グレイスケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)の今後の展望

2022年12月20日、グレイスケール・インベストメンツ(Grayscale Investments)CEO マイケル・ソンネンシャイン(Michael Sonnenshein)氏は投資家に向けた年末のCEOレターで、グレイスケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)の今後について語った。 レター…

暗号通貨の詐欺とハッカーに最も狙われている国は?

シンガポール最大の発行部数を誇る新聞である「聯合早報(Lianhe Zaobao)」の報道によると、シンガポールは暗号通貨詐欺の9番目に狙われる市場であり、2011年以来4回のハッキングと脆弱性攻撃があり、最大1460万ドルの損失を被っている。 暗号通貨ニュース…

FTXの次はバイナンス?監査法人のサービス提供停止で数十億ドルの資金を流出!

FTX破綻以来、CEX(中央集権型取引所)の透明性問題が脚光を浴びている。最多の取引量を誇る暗号通貨取引所バイナンス(Binance)の動きも注目されている。米国の規制当局は、マネーロンダリングとその他の犯罪行為についてバイナンスを調査している。業界内…