中国は世界第2位のビットコイン・マイニングセンターに戻る

英大学のファイナンスセンター(Cambridge Centre for Alternative Finance)が発表したビットコイン(BTC)電力消費指数(CBECI)データを参照すると2022年1月の時点で中国は、ビットコイン・ハッシュレート*世界第2位に戻っている。中国は現在、世界のビットコインマイニングの総計算能力の21.1%を占めておりこれは米国に次いで2番目となる。

 

*ハッシュレートとは、マイニングをする際の1秒あたりの計算力、採掘速度のこと。

出典:https://bitflyer.com/ja-jp/s/glossary/hashrate

 

2019年9月時点で、中国のビットコインマイニング計算能力は世界全体の75.53%を占めていた。しかし、2021年5月から、中国政府は暗号通貨関連の事業活動を「違法の金融活動」と定義した。暗号通貨と関連する様々なビジネス活動を禁止するとともに、ビットコインマイニング事業も禁止された。その後、マイニング能力は米国一強が続いていた。

​​​​​​​

中国で政策が施行された影響で中国における2021年7月と8月のビットコインマイニング・ハッシュレートはゼロとなった。しかし、中国のマイナーは当局の禁止を無視してマイニングを行っている状況となり9月以降ビットコインマイニングハッシュレートの数値が22.3%まで回復した。その後、2021年11月から2022年1月にかけて、中国のビットコインマイニング・ハッシュレートは世界2位となり、市場シェアの約1/5を占めるまでに回復した。

 

 

免責事項
暗号通貨は価格変動が激しく、トレードの際は自身の投資経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等について十分検討する必要があります。
本記事はあくまでも情報提供を目的としており、投資を推奨するものではありません。
また、本記事を参考して投資した結果被った損失について、弊社は一切の責任を負いかねます。


WikiBitとは?
弊社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームです。
登録されている暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万件を超えています。

 

真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信しています。

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリで、取引所の安全性や評判を確認することを強く推奨しています。

 

https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html
コンテンツは全て無料で閲覧できます。
ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。