ビットコインETFのBITOの上場に続き、VanEckがSECの承認を受ける

投資信託顧問会社のVanEckは、米国証券取引委員会(U.S. Securities and Exchange Commission SEC)の承認を受けて、10月25日にビットコイン(BitCoin: BTC)先物ETFのローンチを予定している。

 

ヴァンネックVanEckBTC先物ETFは、19日にローンチしたプロシェアーズ(Proshares)の BTCのETF(BITO)に続いて、2番目の米国ファンドである。

 

ヴァンネックVanEck社のBTC先物ETFのティッカーは「XBTF」となり、BTCやその他の暗号資産に直接投資することはない、現金決済のBTC先物契約を投資する。ヴァンネックVanEck社のBTC先物ETFニューヨーク証券取引所(The New York Stock Exchange:NYSE)に上場する予定である。

 

20日のBTCスポット市場では、1枚67,017ドルの史上最高値(ATH)になった。BITOはすでに資産額でETFの上位30%に入っていた。

 

BITOとXBTFのビットコイン先物ETFの承認は、米国におけるビットコイン関連の上場投資信託にとって画期的な出来事である。米国の投資家は初めて、代表的な暗号資産のBTCのETFに投資することが可能となった。

 

SECのゲイリー・ゲンズラー(Gary Gensler)議長は、19日のCNBCとのインタビューの中で、「ビットコイン先物は、我々の姉妹機関である商品先物取引委員会(the Commodity Futures Trading Commission:CFTC)が監督してきたが、私はかつてそこで務めたことを光栄に思い、誇りに思っている」。

 

暗号通貨のコミュニティでは、ヴァンネックVanEck社のビットコイン先物ETFの上場に大きく期待しているようだ。

 

WikiBitの声明:

暗号通貨の価格変動が激しく、投資家は取引を行う前に自分の経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等、十分に理解する必要があります。

本記事の内容はWikiBitからの分析であり、投資参考ではありません。

投資家は本記事を参考し、投資することによる損失について、当社は一切責任を負いかねます。

 

*************

 

当社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームで、暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万社以上超えています。   

 

 「真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信。  

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリでライセンスの取得状況や評判を確認することを強く推奨しています。  

 

https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html  

コンテンツは全て無料で閲覧できるので、ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。