暗号通貨に投資する企業さらに増加傾向に

暗号通貨業界は2009年にビットコインが発行されて以来、数年で繁栄の業界を発展し、大量の異なるトークン通貨とブロックチェーン技術が開発され、更に多くの機関投資家を集めた。機関の投資は暗号通貨業界の成長を加速させ、ビットコインをより一般的な投資方法へとしている。

 

Bittrex GlobalのCEOであるStephen Stonberg氏はインタビューで「暗号通貨業界はもはや初期段階ではなく、既に主流になっている。先進国と発展途上国の両方で利用率は2桁に達し、ビットコイン法定通貨として使用している国もある。現在、ビットコイン法定通貨として使用することを検討している国も多い」と述べた。

 

Stonberg氏は「ビジネスレベルでも、大きな変化が見られた」と語った。そしてAMCとVenmoは最近、暗号通貨に関する発展を引用した。

2022年に、計画どおりに進んだ場合、AMCの顧客はビットコインでチケットの購入ができる。Venmoは最近、Venmoクレジットカードの利用者がキャッシュバックボーナスを暗号資産ウォレットに入れる新機能を発表。

图片1

 

今年の初、Micro Strategyはビットコインに投資し、CEOのMichael Saylorはそれ以来、米国のビットコインコミュニティで影響力のあるビジネス業界の人物と見なされてきた。MicroStrategyは合計105,000ビットコイン保有している。

图片2

 

Visaは近年、Coinbase、Circle、FTXを含む50社とパートナーシップを確立しており、Visaの利用者はVisa決済ネットワークで暗号通貨の使用ができます。 これは、暗号通貨を受け入れない店でも、顧客はVisaを通じて暗号通貨で決済できる。

图片3

 

アメリカの生命保険会社MassMutualは、暗号通貨金融サービスプロバイダーNYDIGと提携して、顧客にビットコインファンド商品を提供している。Mass Mutualは昨年NYDIGに500万米ドルの株式投資を行い、一般投資口座に1億米ドル相当のビットコインを投資した。

 

ブラックロック、ゴールドマンサックス、モルガンスタンレーJPモルガンチェースなどの伝統的な金融機関は、過去数か月間にビットコイン関連のファンドとサービスを設立したか、暗号通貨市場に参入することを検討している。金融サービス会社のTP ICAPは、金融大手のフィデリティインベストメンツとスタンダードチャータード銀行と連携し、暗号通貨取引プラットフォームを設立すると発表した。

 

ブロックチェーンマーケットインテリジェンスエージェンシーであるBlockdataの調査レポートによると、資産運用規模(AUM)の上位100の銀行のうち55社が暗号業界との関連業務を行っている。

 

この調査では、バークレイズ、シティグループ、ゴールドマンサックスが暗号通貨およびブロックチェーン企業の最も積極的な支援者として挙げられ、JPモルガンチェースBNPパリバが新興分野の連続投資家として確定された。

 

ただし、ビットコイン潜在的なリスクに対する対策として、中国の規制当局は取引とマイニングを取り締まる政策を行っている。そのため、一部の投資家は仮想通貨への投資も停止したようす。

 

米国とヨーロッパも暗号通貨市場に対処するための新しい政策を検討している。これらの不安定性は暗号通貨市場の未来に不確定性をもたらす。

 

現在、暗号通貨市場の総取引量は16兆米ドルを超えた。利益のために、その大規模な市場はますます多くの機関投資家が参入するようになるであろう。

 

当社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームで、暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万社以上超えています。   

 

  「真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信。  

 

初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリでライセンスの取得状況や評判を確認することを強く推奨しています。  

 

https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html  

コンテンツは全て無料で閲覧できるので、ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。